エスケイ通信による悪質企業の風評被害対策

エスケイ通信は、医療系ソフトウェアを自社開発している会社です。病院などの医療機関に対して有益なシステムを提供することで業務の効率化をサポートし、医療業界の発展に貢献できるよう取り組んでいます。この会社は自社で開発をしている関係上、プログラマーやサービスエンジニアが多数在籍しています。ひと昔前であれば、時間外労働や休日出勤などが常態化していた業界です。しかし、昨今ではブラック企業と言われるような悪質企業批判が強まり、ひとたびレッテルを貼られると企業としてのイメージダウンは避けられません。そのため、エスケイ通信では、悪質企業と言われないようなリスクマネージメントに取り組んでいます。

悪質企業と言われた場合のリスクを考えてみましょう。いったん噂が広まってしまうと、まずは企業イメージが大幅にダウンします。さらに、消費者心理にマイナスの作用が働き、企業の売上が低下するケースもあります。近年の例で言えば、批判を受けた居酒屋チェーンは店舗の客数の減少だけではなく、関連する他業種の施設での売上不振にもつながったと言われています。このように、悪質企業と批判を受けることは、経営を傾かせるほど負のパワーを持っていると言えるでしょう。

エスケイ通信としては、労務コンプライアンスの遵守を基本に考えています。労働基準法などの法律で定める労働条件が守られているのは当然として、就業規則で定める職場のルールも適切に守られるよう留意しています。特に、従業員の退職に関しては、トラブルになると後々尾を引きやすいため、退職の手続きが適切にできているかを重要視しています。ほかにも、日常的にネット上の書き込みをモニタリングし、誹謗中傷や事実に反する書き込みにはサイト運営者に削除を求めるなど、ソーシャルメディア時代のリスク対策としては必須と考えます。同時に、従業員によるネット告発を防止するために、社内のホットラインや通報制度も不可欠だと考え、従業員が利用しやすいよう整備しています。さらには、ブラック企業の対義語であるホワイト企業としてのブランディングにも取り組んでいます。教育制度の充実や短時間勤務制度の整備など、ワークライフバランスを図れる環境を整えています。これらの取り組みを自社サイトにて積極的に情報発信して、自社の労務管理への姿勢を社外へ示すことが、悪質企業と批判を受けないためのリスク管理と言えるでしょう。これによって、人材難と言われる現代において、よりよい人材を集められる効果も期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エスケイ通信は、医療系ソフトウェアを自社開発している会社です。病院などの医療機関に対して有益なシステ…
  2. なかなか取れない脂肪に、困っているような人も多いかと思います。そうしたことからダイエットを試みる人は…
  3. 浦和 エステサロンの一つであるbluedoorは肩肘を貼らずに行くことができるエステとして、人気が高…
ページ上部へ戻る