花岡篤司がインストラクターになった理由

花岡篤司は、ゴルフ場のみならず、打ちっぱなしにおいても、ゴルフインストラクターの仕事をされます。この仕事では、辛い事も多く、体力に自信がないと、長く勤まりません。インストラクターとしての立場に、何度も悩む事もあったそうです。ゴルファーとしての悩みはあまりなかった彼も、インストラクターとしての悩みはとても大きいそうです。彼の指導は腕が良いのですが、おせっかいなのが玉に瑕だそうです。

花岡篤司は博識で、ゴルフの細かい用語も理解しています。この事が、彼を有名にしました。最初のうち、彼は無名のインストラクターで、誰も彼に見向きもしませんでした。しかし、彼は丁寧な指導を続けることで、この弱点を克服しました。ゴルフ用語はカタカナが多いので、覚えるのが大変だそうです。しかし、彼の指導を待っている生徒のため、今日も彼は勉強をされています。少しでも多くの知識を身につけることで、自分の視野も広がるからだそうです。

この競技は、ひたむきさが大切です。人生のように長い道のりを歩むのがゴルフです。この道は人それぞれです。気がついたらゴールしていたことも少なくありません。花岡篤司にとってのゴールは、プロの道ではなく、インストラクターとしての道でした。結局、毎日の努力が実を結ぶようです。ゴルフは時代に応じて役割が変化してきたスポーツです。花岡篤司も、インストラクターとしての技能を磨きつつも、時代に合わせた指導法を準備し、より多くの受講生のニーズをつかむ努力をされています。

彼は、人づきあいが苦手な人間でした。彼は対人関係に強いストレスを抱えており、その解消を目指されているとか。ゴルフのインストラクターは、時に多大なストレスがかかるため、胃薬が必要だそうです。ゴルファーは自分らしさを保つことが職業ですが、彼はインストラクター。常に相手の気持ちを考えることが重要だと考えているそうです。数学や国語、英語などの基礎教養をまんべんなく履修することが、彼にとっての転機となりました。彼は、基礎に立脚することで、その可能性を最大限に開花させたのです。

花岡篤司がインストラクターになった理由は、「自分の未熟さを痛感したから」です。自分が未熟で無ければ、彼はプロゴルファーになった、そう言います。実際、彼の腕は本物ですし、アマチュア大会での上位入賞経験もあります。しかし、当時の彼にはメンタル面の虚弱性がありました。その事が、今も彼のトラウマとなっています。彼は今日も、自分と向き合いながらアドバイスを行っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ■サマンサタバサとはどのような会社?サマンサタバサは、バッグやジュエリーなどのオリジナルブランドを複…
  2. エス&ケイ(株)は、医療系ソフトウェアを自社開発している会社です。病院などの医療機関に対して有益なシ…
  3. なかなか取れない脂肪に、困っているような人も多いかと思います。そうしたことからダイエットを試みる人は…
ページ上部へ戻る