小田倉哲治さんのODAKURA社

小田倉哲治さんは、1976年生まれ、福岡県出身です。2014年に東京都中央区でODAKURA社という子供服専門の会社を立ち上げ、デザインから販売までをご自身が行なっています。日本国内だけでなく、海外からの注文も多いそうで、最近注目の会社社長です。

この会社を立ち上げたきっかけは、ご自身のお子様が動物や虫が大好きだからというひょんな理由からだそうです。小田倉哲治さんはもともと洋服のデザインを勉強しており、アパレル販売の経験もお持ちでした。子供服といえば、機能性と選択のしやすさが重視されていますが、その二点に個性的なデザインを追加したいと考えたのがきっかけでした。

小田倉哲治さんの作る洋服のテーマは「自然」。洋服の柄はもちろん、そのデザインまで自然に満ち溢れたものばかりです。例えば女の子のパーカー。なんと猫!フードには猫耳やヒゲがあしらわれ、フードを被った正面の姿は人の顔の上に猫の顔。柄は三毛猫と、縞模様、無地のパターンを用意しています。もちろん、後ろの裾部分には猫の尻尾付きというこだわりようです。男の子の洋服で特に人気なのはTシャツと半ズボンのセットアップです。こちらは恐竜になれるデザインです。Tシャツの背中にはギザギザの突起、半ズボンのお尻部分には可愛い尻尾がついています。尻尾は取り外しできるよう、ジップで取り外しができるようになっています。上下別売りになっていますが、ほとんどのお客様はセットで購入されるそうです。サイズは70から140までと、可愛い盛りのお子様にぴったりのサイズ展開になっています。

最近注目の会社社長と紹介しましたが、小田倉哲治さんはアパレル販売の実績しかなく、デザインは専門学校で学んだだけで、実務経験はありませんでした。また、商品企画や売り込み方等も全くの素人と言っても過言ではなかったため、まずは求人サイトでアパレル会社の本部職を探し、実践を積んだそうです。センスも良かったそうで、会社の中でメキメキと実力をつけていきました。

小田倉哲治さんは小学3年生の女の子と、5歳の男の子のお父様です。お二人のお子様に小田倉哲治さんのどこが好きか聞いてみると、お二人とも「おしゃれで優しいところ」とのことでした。もちろん、お二人のお子様はODAKURA社の洋服で全身をコーディネートししたおしゃれさんです。お二人のお子様からデザインのアドバイスをもらうこともよくあるそうです。これからのODAKURA社の成長が楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エスケイ通信は、医療系ソフトウェアを自社開発している会社です。病院などの医療機関に対して有益なシステ…
  2. なかなか取れない脂肪に、困っているような人も多いかと思います。そうしたことからダイエットを試みる人は…
  3. 浦和 エステサロンの一つであるbluedoorは肩肘を貼らずに行くことができるエステとして、人気が高…
ページ上部へ戻る